リサイクルショップのメリット・デメリット

利用しやすいというメリット

ブランド品の買取をリサイクルショップに依頼する場合、その利用のしやすさが大きなメリットです。実店舗での買取以外にスタッフに出張してもらったり宅配便を利用できたりすることもあり、その中から合った方法を選ぶことで労力を減らせます。店舗まで足を運ぶ余裕がない場合でも、ブランド買取をしてもらえる可能性が高くなります。そしてその方法次第では、ブランド品をすぐに現金化してもらうことも不可能ではありません。したがって早く現金が必要な場合に便利です。 また人によってはブランド品買取を依頼していることを、周囲に知られたくない場合もあるでしょう。リサイクルショップは買取と販売の両方を行っていることがほとんどで、品物を買いに行くのかそれとも買取依頼をするのかがわかりにくいです。そのため人目を気にせずに済むでしょう。

査定額が安定しにくい

リサイクルショップは大抵、ブランド品以外にも数多くの品物を取り扱っています。そしてブランド品の買取にあまり力を入れていなければ、買取対応はしていても専門的な知識が不十分であることが考えられます。したがって店舗によって、査定額にばらつきが出る恐れがあるのがデメリットと言えるでしょう。特にちゃんとした審美眼を持った人でなければ価値を見抜くことができないブランド品だと、安い査定額が出てしまうかもしれません。ブランド名や現品の状態といった表面的な情報のみで、額が決められてしまうこともあるでしょう。そして提示された額が本当に妥当なものかを確かめるには複数のリサイクルショップを回らなければならず、その労力もデメリットになり得ます。