フリマアプリのメリット・デメリット

フリマアプリのメリット

フリマアプリを利用する一番のメリットは、買取店よりも高く売れる可能性があるということです。買取店ではスタッフの人件費や借りている物件の家賃などが査定に反映されるため、あまり高い金額にならないケースもあります。しかし、それらが必要ない個人売買のフリマアプリでは買取店よりもずっと高く売れる可能性があるのです。また、ブランド品を気軽に売却できるのもメリットです。お店で売る場合は、店頭に持っていったり宅配で送ったりしなければいけません。査定額が気に入らなければ、キャンセルしてお店選びからやり直すことになります。しかし、フリマアプリは値段設定をして説明文を書き、写真をアップロードするだけです。あとは売れるのを待って配送すればよいので、簡単な売却方法だといえます。

フリマアプリのデメリット

買取店に売却するときは、店の信頼があるため大きなトラブルに発展することはほとんどありません。しかし、個人売買であるフリマアプリは、トラブルに巻き込まれる可能性があるので気をつけましょう。例えば、『届いたものがイメージとは違った』と返却を求められることがあります。そうなると、売約するために使った時間や手間がすべて無駄になってしまうでしょう。酷いものになると『届いたアイテム自体が異なっていた』と伝えてきて、送ったものとはまったく違うアイテムを入れて返却する人間もいます。つまり、詐欺行為を行うためにフリマアプリを使っている犯罪者もいるので、おかしなトラブルに巻き込まれたくない場合は慎重に利用をしましょう。