ブランド品の査定ポイント

査定時によくチェックされる商品の状態

ブランド買取の際は、査定のポイントを知ることで、より高く売ることができます。査定で重視されやすいポイントの一つに「商品の状態」があります。査定時にブランド品に使用感が感じられるバッグやジュエリー、汚れや匂いが目立つような洋服など。こういったアイテムが中古販売店に並んでいても、高い値段では買おうとは思いませんよね。そして、商品の状態が悪いと買取店側がお手入れをしなくてはいけないため、その分の人件費もかかります。

ですから、商品の状態が悪い商品は査定価格も当然下げられてしまうのです。反対に、商品の状態が良いと価値が上がって買取アップにつながります。ブランド品を高く売りたい!と考えている人は、少しでも見栄えを良くするために、お手入れをしてから買取に出しましょう。

汚れや匂いはNG!より価値を上げるための査定額アップのコツ

ブランド品を買取に出すときは、使用感を感じさせないように、汚れや匂いを除去して、できるだけ商品をきれいに見せるのがポイント。査定スタッフにプラスの印象を与えるようにお手入れしていれば、自ずと査定額もアップしていきます。ブランドバッグのホコリや汚れは、柔らかい布で拭いてお手入れしておきます。洋服はタバコや香水のニオイが付いているものもあるでしょう。洋服の匂いや汚れを落とすためには、洗濯機で洗うだけでスッキリと清潔できれいな印象になります。ジュエリーは専用の布や洗浄剤を使えば、くすみが取れてピカピカな状態になりますよ。売る品物はお手入れするかしないかで、ブランド価値の評価に影響しますし、金額にも差が出ます。誰でもできる作業なのでやっておきましょう。